『ダンサー・イン・ザ・ダーク』デジタルリマスター版で上映!

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』デジタルリマスター版で上映!

2000年のカンヌ国際映画祭で1本の映画が全世界を震撼させた。ラース・フォン・トリアー監督とビョークという驚異のコラボレーションが生み出した『ダンサー・イン・ザ・ダーク』だ。
その衝撃は世界中の観客を驚きと熱狂、感動のるつぼへと巻き込んだ。日本でも瞬く間に評判が広まり、興行収入24.2億円という大ヒットを記録。
未だ嘗てないエモーショナルな感動作が今回、21年の時を経て最新の技術で修正された。劇場に響き渡るビョークの魂の歌声は色褪せることなく、当時の衝撃が脳裏によみがえる。
2022年6月に国内上映権が終了するため、今回が最後の劇場ロードショーとなる。

最後の劇場ロードショーを、ぜひ当劇場でご鑑賞ください。

※当館では2Kでの上映です。

ニュース